モータースポーツ

SUPER GT第9戦速報!!

08r9Exhp000.jpg


 雨に消えた、逆転チャンピオンの夢。

 ランキングトップで迎えた、昨年、一昨年とは異なり、トップと7ポイント差、3位という攻めのポジションとなった09年SUPER GT最終第9戦、富士スピードウェイ。
 土曜の予選は、朝から雨。
 今回はかなり難しいと思われたSUPER LAPへも進出を果たしたが、セッティングがいまひとつ決まらず、またタイヤメーカーのキャラクターの差が出て、7番グリッドに沈む。
 ランキングトップ43号車は4番グリッド、2位の46号車は後、9番グリッドとなり、タイトル争いにはかなり苦しい位置となった。
 因みに我々が逆転チャンピオンとなるには、最低4位、しかしその場合43号車は11位以下の無得点、46号車も9位以下というかなり厳しい条件が伴う。
 迎えた決勝日。ウォームアップ走行の直前から小雨が・・・。
 その雨も一旦は止んだが、コースはしっとり状態。ドライタイヤで着いたグリッド上、約30分のスターティングセレモニーの間に、どうコースコンディションが変化するか・・?
 それらのタイヤをめぐり、各チーム駆引きが行われ、ランキング上位マシンはスリックタイヤを選択する中、追う立場の我々はスタート10分前にレインタイヤをチョイス!賭けに出た。
 ところが、スタートし、1周目こそ、ポジションを5位に上げたが、ライン上は殆ど乾いており、雨も落ちてこない。
 この賭けは、完全に失敗!
 早くも2周目ピットイン。レインタイヤからスリックタイヤに交換。
 約50秒のロスにより25位、最下位となる。
 チャンピオンは、ほぼ絶望となる。
 しかしまだ諦めない加藤選手、ペースを上げ、毎周のように順位を上げ、7周目には20位、10周目には18位。
 4位が最低限の目標ではあるが、意外にペースの上がらない現在10、11位を行く43、46号車が当面の“獲物”である。
 その43号車とのタイム差を、徐々に詰めていった16周目、なんとダンロップコーナーで46、43号車が33号車と絡んでスピン!
 再スタートを切った43号車に対し、33号車に前をふさがれた形の46号車は再スタートに手間取る。
 46号車を横目にダンロップコーナーを抜け、30秒以上あった43号車との差が5秒差にまで詰まり、加藤選手も視認できる様になった。
 そこから、毎周1秒弱づつ差を縮め、23周目ヘアピンで43号車をパス、13位に上がる。
 その後再び雨が降り始め、各マシン大きくラップタイムが落ちる。
 その悪条件を利用し、巧みにマシンを操り、上位との差を詰める加藤選手だが、26周が過ぎた辺りから各マシン、ピットインが始まり、レイン装着車がレースに戻って行くが、上位陣の多くがスリックで頑張っている。
 そんな中、29周目43号車もピットイン。
 それに合せ加藤選手も30周目ピットイン、高橋選手がウェットタイヤでの後半戦に挑む。
 アウトラップを終えポジション10位。
 11位に46号車、先の3台絡みのスピンで破損箇所の応急処置に時間を取られた43号車は13位である。
 4位との差は約40秒。かなり厳しいが、追う高橋選手、その差は徐々に詰まるが、背後には46号車も迫っており、38周目には殆どテールtoノーズとなる。
 そして翌39周目、最終コーナー、アウトにラインを取った高橋選手に対し、インから入った46号車とのラインが交錯し接触!高橋選手はスピン。
 46号車は大事には至らずそのまま走り抜ける。
 再スタートに手間取った高橋選手は11位に後退。
 レースは何が起こるか判らないと言われるが、ライバルに起こる事もあれば、自分に起こる事もある。
 既にタイトル争いからは完全に脱落!その後は淡々と周回を続け11位でチェッカーを受け今シーズンを終えた。
 

08r9Exhp001.jpg
金曜の練習走行、午前セッションはウェットでスタート。
08r9Exhp002.jpg
そのセッションも、終盤にはライン上は乾いてくるが、完全ドライとはならなかった。
08r9Exhp003.jpg
午後セッションは陽射しも出て、完全ドライとなった。

08r9Exhp005.jpg
しかしこの走行データーは、結果的には、翌日予選に役には立たなかった。
08r9Exhp007.jpg
予選は終始ウェット。混走セッションで、早々と基準タイムマークした高橋選手を待つ加藤選手。
08r9Exhp006.jpg
台数の多い混走セッションの方がコースの水が履け、タイムUP。6番手タイムでSL進出。

08r9Exhp010.jpg
決勝日は朝からこんな空模様。朝一のフリー走行こそドライで走る事ができたが・・・。
08r9Exhp011.jpg
グリッド上でウェットタイヤに履き替え、スリックタイヤがピットに戻される。賭けに出たが・・。
08r9Exhp012.jpg
最終戦、グリッド上の両選手。好材料も無く、タイトル争いにかろうじて残っている状態。

08r9Exhp013.jpg
賭けは裏目に・・!スタート2周目でスリックタイヤに交換。タイトル争いからは大きく離された。
08r9Exhp014.jpg
しかし上位陣、特にタイトル争いのマシンに重なったアクシデントにより、順位を上げる加藤選手。ヘアピンでランキングトップの43号車をパス。
08r9Exhp015.jpg
だが高橋選手が最終コーナーでスピン。タイトル争いは、完全に“蚊帳の外”となった。

DATE:2008/11/12