モータースポーツ

Super GT 2006 Series 第2戦 -岡山国際サーキット-

SUPER GTの参加車両はバラエティに富んでいる。500は4車種しかないが、300クラスは… 2list-b.jpg





SUPER GT OKAYAMA 300km RACE


開催日 2006年4月8・9日
サーキット 岡山県 岡山国際サーキット
マシン名 プリヴェチューリッヒ・アップル・紫電
ドライバー 高橋 一穂・加藤 寛規




4月5日(水)設営

SUPER GTの参加車両はバラエティに富んでいる。500は4車種しかないが、300クラスは10数車種(数えるのも面倒・・)。昨年走らせたVEMAC(ヴィーマック)だけでも現在4台エントリーしているが、エンジンが3タイプ、ボディが2タイプある。これがSUPER GTの魅力のひとつであるが、排気量、ボディタイプが異なるマシンで“見応え”のあるレースを行うにあたり色々ウェイトハンディ制(詳しくはSUPER GT netの「What’s SUPER GT」をご覧ください)がある。

2号車、紫電も先回鈴鹿で、レース中のベストラップで10kgのハンディウェイトが来た。ところがこれとは別に、50kgのウェイトを積まなくてはならなくなった。この紫電は特認車両としてレースエントリーしており、これら特認車両は前記のウェイトハンディ制とは別に“速い(と思われる)”マシンには、性能調整として積まされるのである。鈴鹿の6位と言う成績ではなく、レース中のラップが速かったと言う理由であるが、これは通常のウェイトハンディの様に成績が悪かったからといって降ろせる事はない。(更に頑張れば増える事はありえる)ある程度想定内だった事でもあるが・・・鈴鹿の1戦だけで決められてしまった事にはチョッと納得がいかないが、ま~そうしたルール、と言ってもこまかな基準が公にされている訳ではなく、今後どの様な、“ご褒美”をいただく事になるのか判らない。しかし特認車両としてエントリーしている以上やむおえないか~・・。





いつもは開幕戦の岡山。私が来たときはやんでいた雨で、路面はしっとり。
でも明日からは心配ないみたい。

影が伸びる午後5時。設営も終わりかけ。“今日は”早く帰ろう。





4月6日(木)合同テスト 晴れ
路面:ドライ


鈴鹿でお騒がせのデビューから3週間、例年なら開幕戦が行われるここ岡山。今年は第2戦にあたる。昨年は雪もちらつく寒さだったが、その心配はなさそうだ。

鈴鹿からこの間には、富士で合同テストも行われているが、富士とここ岡山国際サーキットとでは対極(平均速度が30km/h近く違う)にあるようなサーキットの為、今日の合同テストにあてがわれた一日は貴重な1日と言える。





快晴の岡山サーキット。ここから見える山々を良く見覚えといてください。

今年は、Dream28第2チーム、666号車と隣同士となる。


新兵器。これは何でしょうか?正解は「予選」の章の最後で・・。

久々に来ました。ウェイトハンディ。10㎏×2では無い。左右に貼る分。





高橋選手は仕事の都合上、この午前セッション中にサーキットに来る予定の為、それまでは加藤選手が何度かのピットインを繰り返し、ここ岡山のセッティングを煮詰める。

今年からの新シリーズ、全日本スポーツカー耐久選手権にZytek 05Sで参戦の加藤選手は、このレースの直前にもテスト走行を行っており、速度の違いに「何か緊張感が無いな~」と余裕?のドライブ。

開始から50分程して高橋選手も到着。後半は高橋選手が走行。

2時間のセッションでセッティング変更のピットイン8回を含め、46周とかなり精力的に走り込んだが、ベストタイムは8周目、加藤選手の1′33″341。これはクラス中盤あたり。予選では31秒台は必至。高橋選手は36″114。高橋選手はどうもここ岡山サーキット名物とも言える、レッドマンコーナーとホップスコーナーをつなぐ、通称“ダブルヘアピン”が遅く、ここの攻略が今回のキモと思われ、舘師匠もここのアドバイスを送っていた。

今回は今日の合同テスト(午後、午後各2時間)も、“明日のフリー走行”3時間もある。しかも天気の心配もなさそうなので、両選手共、充分なタイムアップが望めるであろう。・・と思われる。





午前走行途中から加わった高橋選手。いつも最初の数ラップはマニュアルミッション車に慣れる事から始まる。

高橋選手のウィークポイント。ダブルヘアピンひとつ目


コースに出た土を掃き出しに走るコースオフィシャル。走行中に行うリスキーな仕事。

左ミラーにガタが・・・。


走行時間以外はとにかくビデオ学習の高橋選手。

土手を登る猿!ではなく舘師匠。


こんな位置から高橋選手の走りを観察。





午後の走行では、序盤に加藤選手がアタック。32″642の(本日の)ベストラップをマーク。大筋でセッティングの方向性、タイヤとの相性も良いようである。

前半を加藤選手、後半高橋選手が走行。高橋選手も35″193の自己ベストを更新し、50kg+10kgのウェイトもなんとか克服できそうな仕上がりとなってきた。

赤旗中断を含め6回のピットインで52周を走り、午後セッションも終わりかけ、最終セッティングを確認する為、高橋選手から加藤選手に交代。エンジンを始動しようとしたその時。「ん・・セル回んない。」と加藤選手。「ガチッ、ガチッ」と音はするが「キュルキュル」と回らない。

午後セッションはこのまま終了。ピットに押し込みメカが点検を始める。

ま~それなりにデーターは取れ、両選手も走り込みはできたので、“明日”のフリー走行に向けたメニュー作りにとりかかろうかと言う頃、マシンが結構深刻な状態になっていた。

セルモーターが外され、単品点検、更にオーバーホールと・・どんどん深みに入って行く。スペアがあればとりあえず簡単な事だが、スターターモーターの持ち合わせは無い。原因を究明する一方で、あっちこっち電話をかけ、同じ物では無いが、同じメーカーの”似た様“なモーターを、ようやく見つけ大至急送ってもらう事にした。





今日明日で充分走行時間はある・・。はず・・

スターターモーターの分解点検を始める。明日来るパーツで何とかなると楽観。


穴のあいたインナーフェンダーを修理中。熱風を送り込み硬化させる。





4月7日(金)フリー走行
晴れ 路面:ドライ


サーキットに到着したが、今日は、少なくとも午前セッションは走れない。昨夜深夜まで、モーターを点検したが原因が判らず、結局今日届くモーター(同じ物ではない)を待つ事になった。デイトナプロトをベースにした紫電には、アメリカ製のパーツが随所に使用されているが、これらのスペアパーツをどこまで持つか?はプライベーターとしては厳しい選択を強いられる。消耗品はともかくとして、クラッシュ、コースアウトで破損し易いパーツ、特に精度を求められ、応急処置が困難な足回り、ブレーキ周りを優先的に準備するのは当然だが、その他大型のカウル等はできるだけ補修を行う。現地(サーキット)で補修不可能な事故は恐らく、走行不能な程の状態と考えられ、その場合レースを諦めなくてはならないだろう。

かなり派手にクラッシュして、短時間で何事も無く修復されてくるのは、メカの力+経済力以外の何物でもない。

しかしこのスターターモーター等は新品状態から、これ程短期で故障をするとはまったく想定外。クラッシュで壊れる事もありえない。少々の電気系の故障等も修理は可能である。スペアとしての準備はかなり後回しになるのは当然と思われる。

午前セッションが始まる頃、シャッターが閉められたピットの中では、悶々とした空気が漂っていた。スターターモーターの到着を待つ傍ら、スターターモーターの点検が行われるが、多くのメカが携われる訳ではない。マシンの他のメンテナンスは昨晩すましている。ただ待つだけでは時間が勿体無いと、ドライバー、エンジニアはコースサイドに足を運び、他のマシンの走りを観察。午後セッションに備えた。





開店休業ならぬ、閉店休業(そのまんま)の2号車ピット。

フリー走行が始まるが、ジャッキアップ状態。


エンジニア、信ちゃんもスピードガンで他のマシンを観察。

はたまた加藤選手(右)と共にコースサイドを散策。





部品の配送経路を追った所、岡山県までは着ているようだが、しかしここ英田近辺へはまだ時間がかかりそうだ。運送屋の配送担当者が持って出てしまえば、配達されるのを待つしかないので、こちらから取りに行った方が早いだろうと、加藤選手が運送屋の営業所まで部品を取りに出かけた。受け取ったら速攻で帰ってこられるだろう。

そんな午前も終わろうかと言う頃、パーツをもって加藤選手が帰って来た。同じモーターではないが、部品流用はできるであろうし、“トンネル”の先に明かりを見た感じだ。早速モーターを比べ、流用できるパーツを移植、単体点検でもOK。マシンに装着。早々脱着する部品ではないので、結構狭苦しい場所にあり、これまた人海戦術は使えない。

ところがマシンに付けると回らない。これは昨日から続いた、現象。単体では回るが、マシンに付けると回らない。こうした再現性は非常に厄介!手の打ちようが無い。“トンネル”の先は雪国だった。

結局午後のセッションも走れず・・・。04年NSXでのセパンを思い出す。(オーバーヒートで走れなかった)

メカは諦めずオーバーホールを繰り返し、テスターを駆使し、原因究明に努めるが、メカ以外の私や、ドライバーはこれ以上ここに居ても役に立たないし「ま~何とかするだろう」と、夕食を取りつつ宿に引き上げる。食事をしつつも「直りました。」と言う連絡をまったが、とうとうそれは無かった。





スターターの単体点検。

マシンのハーネスとの点検。


到着したパーツの流用、交換点検。

マシンに装着と、幾度となく同じ作業が繰り返される。





今回メカとドライバーや私は、同じ宿で、夜中2時頃目を覚ました私は、窓から駐車場を見下ろす。するとメカの足、ハイエースワゴンが帰ってきているのを見た。その時「あ~直ったんだな」と確信した。彼らは直らなければ帰ってはこないだろうから・・・。




4月8日(土)予選 晴れ
路面:ドライ


サーキットへ到着。公開車検が行われており、マシンはいつもの様にピット前に並んでいる。何も無かった様に・・・。

メカは何度かのオーバーホールで、しかもマシンに装着した時にだけ起こる、ほんの僅かな漏電箇所を見つけたのだ。

昨日1日走れなかった悔しさより、無事に修理ができた事の方がうれしい。

しかし1日走る事ができなかった代償は大きく、昨日予定していた重量増加によるサスの詰めがまったくできていない。1回目の予選、前半はSL進出を狙い、後半と2回目予選はレースに向けたセッティングの時間にも充てられる事になる。





朝の公開車検はお昼のピットウォークと変わらぬほどのお客さんが・・・。

深夜に及ぶ作業でマシンも復活。メカも一息。


この山のかすみは黄砂か?花粉か?設営の章の写真と見比べてみてください。





その1回目予選、加藤選手のアタックで1’31″969と、32秒は切れたが、8番手。辛くもSL権は得る事ができたが、結構一杯一杯と言った感じである。混走セッションでは高橋選手が1′34″571と自己ベストを更新し決勝レースでの期待がかかる。

午後予選前にスプリングを変える等、決め手を欠いたセッティングを更に詰めるが、この時点でのこの作業は一か?八か?の勝負でもある。2回目予選終了から、SLまでの間は約20分。この間に戻す事はできるだろうが、本来なら前日の仕事である。





SL進出権は得るが8番手。

走る毎に自己ベスト更新の高橋選手。


午後に向けバネを返る等、まだまだウェイト対策セッティングが決まっていない。

今日はまだ予選日だが、ここ岡山でも紫電の注目度は高い。


F4時代のライバル、片寄選手の応援にグリッドに来た菅選手。

押し掛けサポート。





午後の予選は15分。無論タイムアップは無意味だが、明日のレースの為のデーター取りと言っても良い10ラップである。

ここ岡山では午後予選前にカートレースが行われ、カートの中には2サイクル車もあるので、どうしても路面がオイルで滑り易くなる。(と思われる・・)多くのマシンがタイムアップをしていないが、SL進出の10台以下は、午前予選でグリッドは決まっているので、無理はしないからでもあろうか?





午後予選直前。好きなアングルと言う以外特に意味の無い写真。

午後はタイムUP無し。しかしこの数ラップも貴重なデーター。
 





午前予選が8位の為、SLは3番手スタートと早い。今回のSL用BGMは勿論ユーミン。しかも荒井由実(決して松任谷由実では無い)「返事はいらない」。しかしここ岡山はBGMが小さく、しかも観客用の大型ビジョンが無いので、どうも盛り上がりに欠ける。

加藤選手のアタックも午前予選を上回る事はできず、1′32″334。殆どのマシンが午前のタイムを上回る事ができず、前述のオイル?の影響かとも思われたが、1・2位となった46・13号車は午前を上回り、30秒台に入れている。

結局多少前後のマシンが入れ替わったが午前予選と同じ8位と、明日のグリッドが確定した。





SL直前。加藤選手からフィーリングを聞くエンジニア、信太郎。

SLに向かう紫電。待機中のサポートとして松下チーフメカも走る。結果は変わらず8位。


アンパンがぶら下がっている。大食いメカのお預け状態?昨日と変わって余裕の決勝前のメンテ。

ミッションオイル注入用スペシャルロングジョウゴ。


これが新兵器。ヘルメット乾燥機。温風が出て、除菌(紫外線みたいな光で・・)もやってくれる優れ物。





4月9日(日)決勝 晴れ
路面:ドライ


このレースウィークは雨が無い。ありがたい事だが晴天と言う程でもない。昨日から山がかすんで見える。大陸から飛来した黄砂だ!と言う説と、大量の杉花粉だと言う説がパドックに流れた。どちらにしろマシンに細かなチリが積もっていく。僅かな時間でも指で文字が書ける程・・!

これだけ酷いとエンジンにも影響が出るのでは??っと、思えてくる。

朝のフリー走行では満タンで、しかもかなり周回したタイヤでも33秒台5番手と中々バランスは良いようだ。

レースでは十分にポイント圏内をキープできると思われ、チーム内にも明るいムードがただよっていた。





朝のフリー走行。良い感じで仕上がって来た。

ストレートを行く。ギッシリのスタンド。


昨夕のピット作業練習でもまずまずだった。クルーも紫電に慣れた。

ピットウォークでは、やたらと子供に人気の加藤選手。





レース前のウォームアップも終わり、紫電がグリッドに向けてピットを離れる。ピットクルーが機材を持ってピットロード歩く。そこへ紫電が帰って来て、8番グリッドにマシンを止める。たかがまだ2戦目だが、今シーズンテスト等も含め紫電は5回サーキットへ来ているが」、グリッドにマシンを並べたのは、これまた初めてである。メカと眺めながら「なんか見慣れないね」って感じである。

グリッドに並んでから、スタートまでのグリッドウォークは、マシンを外周全てをじっくり見せるお披露目の場であり、ある意味チーム間の交流の場でもある。この紫電はNEWマシンながら前回の鈴鹿でその“場”を逸してしまった。

今回は多くの観客、チーム関係者が「紫電」を見にやって来る。





今シーズンはスターターとなる事が多い(多分)高橋選手にアドバイスを送る加藤選手。

鈴鹿では待ちぼうけを食ったRQ。今度はちゃんとマシンが来た。


初めて(ってまだ2戦)グリッドについた紫電。

その紫電を見に他のチームスタッフがやってくる。


昨年VEMACを担当した井上メカ。今年は27号車。

やっとグリッド上でのツーショット





定刻の午後2時。フォーメーションラップからレースはスタート。オープニングの1コーナーで500の混乱が起き、土煙でやや視界が遮られたが、300クラスにまで影響及ぶことは無かった。

が、ストレートで抜かれ順位を落とす。直前の富士テストでも、パワー不足からか?コーナリング重視のダウンフォースが抵抗となっているのか、トップスピードが今ひとつ・・。勿論原因は判っているが、それはまだ秘密という事で・・。14位で走行する高橋選手、25周目にピットイン。加藤選手に交代。リセットされた順位は20位。





スタート1コーナーで500に波乱があったが300クラスには殆ど影響無し

ピットモニターの無い岡山。街頭テレビ状態で見守るクルー。


順位を落とすが、無事前半を走りきる高橋選手。

交代直前、前を行くマシンのタイムを見る加藤選手。





交代した加藤選手。35~34秒台で走るが、しばらくして「マシンどっかぶつけた?」と無線で聞いてくる。高橋選手はそんな覚えは無いと・・・。どうもステアリングに異常を感じるようだ。何とか走行はできるとの事だが、「バトルはきついね~・・。ん~。何とかするわ。」と、力強いお言葉を言い残して無線が途絶えた。(無線が壊れた訳では無い)

って、だいたい用が無ければ無言でレースを続ける。この無線の前後は35~37秒台とバラつくが、次第に慣れてきたのかタイム的には35秒台と、決して早いタイムではないが安定してきた。トップグループは34~35秒台。

30周目で19位。この辺りから他のチームピット作業が始まり次第に順位が上がってきて、33周目15位。36周で13位。43周目12位。45周目11位。ポイント圏内まであと1台。10位は加藤選手の古巣、坂東組セリカ19号車。タイム的には僅かに加藤選手の方が速いが、抜く事はできない。ずっとテールtoノーズで周回を重ね、52周目何とかパス。10位へ。1周約0.5秒ずつ引き離し、先を急ぐ。残り周回は22~23周。

次の目標は、5秒先のトイストーリーMR-S、101号車。

しかしラップタイムはこれまた、僅かに加藤選手が速いが簡単に抜ける程ではなく、60周目辺りから差は1秒以内となり、またまたテールtoノーズの小康状態が続いた。

そして10位でむかえた残り2周の74周目。前を行く101号車MRSを射程内に入れながらも抜きあぐんでいた加藤選手はダブルヘアピンで勝負を掛ける。

がっ、接触!101号車はスピン。9位で戻ってきて、そのままファイナルラップ。そして9位でチェッカーを受ける。、しかしこの101号車への接触行為がペナルティとなり、レース中ならドライブスルーとなるべく、タイム27秒が加算され、11位に後退。ポイントを逃す事となった。





昨年の愛車19号車を抜き先を急いだ加藤選手だったが・・・。

チェッカー間際に101号車に接触。ペナルティを取られポイント圏外へ。


殆ど握力を無くした加藤選手の手先が、苦戦を物語る。





2006年 SUPER GT第2戦 GT300クラス
予選8位 : 決勝 11位
獲得ポイント チームポイント0点  累計5点 ランキング 10位
ドライバーポイント0点  累計6点 ランキング 10位



今回の敗因は、なんと言っても60kgのウェイト(内10kgはベストラップ3位までの物でしようが無い)に合せたセッティングが不十分だった事であろう。レース中のステアリング系のトラブルは結果論。(想定内の部分でもあったので改善策あり。)

開幕戦、鈴鹿の6位の結果のみで、いきなり50kg!はチョッときつかった。予選でのタイムも、群を抜く程でもなく、レース結果としても表彰台はおろか、まだ6位である。

レース時での2号車の上位10ラップ平均が、クラストップとの事で、それが50kg増量の理由である。

これから先の、まだ発揮していない“潜在”能力を見越されてのウェイトとなったのだろうが、もう少しいい思い(表彰台)をさせてもらってからでもいいのに。とは思う・・・。

特認車両として参戦している以上、こうしたルールに従う事は仕方が無い事だが、これを克服するにはもう少し時間が、また走り込みが必要だろう。

エンジニア、メカは次なる手を色々考え、マシンを速くしようとしている。それらには当然コストも掛かっており、プライベーターには辛いところだ。

勿論ドライバーも頑張っているが、これらが功を奏して、好成績を上げ、それこそ表彰台にでも上がろうものなら、通常のウェイトハンディ(これは成績が悪いと、降ろす事が可能)以外の、減らない更なる“ご褒美”がいただけてしまうのか・・?




「Team BOMEX Dream28」 666号車NSX

前回鈴鹿のデビューレースをエンジンブローでリタイヤした、周防、山下コンビ。ここでの初完走を狙う。しかし岡山サーキットではピットの数から38台分のグリッドしかないが、エントリー台数は39台(500:15台・300:24台)。基準タイムを通過しても1台の予選落ちがある。とにかく決勝レースを走り、より多くの経験、データーを取る事が重要と、第3ドライバーとして登録した若手ドライバー、高崎保浩選手を起用。周防、高崎コンビで予選に挑み、クラス19位で予選通過。決勝へとコマを進めた。

レースは周防選手からスタートし、30周目に高崎選手に交代。

ノントラブル、ノーミスで無難にレースを運び、トップから3周遅れながら14位と、無事初完走を果たした。





力をつける為に決勝進出は必須。

鈴鹿では、ピット作業前にリタイヤしたので、このチームとしては今回が初めてのピット作業。




DATE:2006/04/10