モータースポーツ

2009年SUPER GT第3戦

09r3-000.jpg
万全の富士!ところが一転して三重苦に見舞われ大苦戦。辛くもポイント圏内に入る9位フィニッシュ!



5月3・4日 SUPER GT 第3戦 静岡県富士スピードウェイ



5月2日(土) 設営 晴れ

 GWの高速は“ETC1000円渋滞”が至る所で発生。
 三重から向かったスタッフ(私も便乗)は、通常4時間で楽勝の富士スピードウェイへの道程に7時間を要した。
 大阪から向かったヨッスィーこと、吉本選手はなんと9時間半!
 幸いメカスタッフの多くはここ富士周辺在住の為、これらの渋滞に影響される事はなかったが、このGWのレース、例年に無くお客さんにとっても大変なレースかもしれない。

 例年500kmで行われるこの第3戦富士、だが今回はコスト削減の意味もあり、距離が400kmに短縮された。
 またこれまで500kmでもピットイン回数制限は通常の300kmと同じ1回で、2ピットか?1ピットか?それらは燃費、ペースと相談してのチーム戦略の重要な柱だった。
 特に紫電の様に、どちらも選択可能(マシンによっては1ピットは不可能なマシンもある)な場合、レース戦略の幅は広く、大きなアドバンテージとなっていた。
 だが、今回は距離が短縮されたがピットイン2回とそれに伴いドライバー交代が義務付けられた。(給油、タイヤ交換は自由)

09r3-001.jpg
設営日、雲ひとつ無い五月晴れ。ETC1000円渋滞で、遠方のスタッフは軒並み遅れた。
09r3-002.jpg
特に大きな変更点の無い紫電。通常の富士仕様。




5月3日(日) 練習走行  晴れ

 最初はいつも通り、加藤選手のセッティング走行。数回のピットインを繰り返し、プチアタックによるベスト1′44″265は、昨年同レースでの練習走行のベストを上回る、2番手タイム(最終的は3番手)。
 まずまずの仕上がり。スーパーラップ用(以下:SL)=決勝スタート用タイヤも決まり、90分の練習走行の残り30分はヨッスィーに交代。
 紫電で富士を初めて走るヨッスィー、何の違和感も無く順調にタイムを上げ、45″773をベストに46秒台を連発とレースラップに充分なタイムを出している。
 開幕の雨天、ガラスの曇りで失速、第2戦鈴鹿のピットスタートと、これまで溜まったフラストレーション解消すべく、ここ富士ではMust表彰台を目指し、チームの意気は上がっている。

09r3-004.jpg
2デイレース初日。この日も暑からず、寒からずで過ごしやすい。
09r3-005.jpg
公開車検。
09r3-003.jpg
連休という事もあり、結構お客さんは入っている。見慣れた(見飽きた)カラーリングながらまだまだ人気はあるようだ。

09r3-011.jpg 絶景を見せる富士山。 photo/Kazuhisa Masuda  09r3-012.jpg 午前中の練習走行では2番手タイムをマーク。 09r3-016.jpg 幾度かのピットインを繰り返し“富士仕様”に仕上げていく。

09r3-019.jpg
高橋選手の横断幕に代わり、ヨッスィーの横断幕が追加された。
09r3-021.jpg
ピットロードを抜ける紫電。こうしてみると富士のピットロードも段差があるのが判る。
09r3-024.jpg
戸田レーシングのたゆまぬ努力もあり、最高速も少し向上。

09r3-042.jpg
90分の練習時間の残り30分でヨッスィーに交代。モニターはワイヤレスTV。それ程目新しいアイテムではないが、今回モニターで借用。
09r3-044.jpg
ヨッスィー、紫電で初めての富士。45″77のベストタイムは充分。 photo/Kazuhisa Masuda 
09r3-048.jpg
今回ファンからの花束は3つに・・・。

09r3-047.jpg
走行後、車検場へ。任意で車重や各部の寸法を測定できる。
09r3-045.jpg
紫電が、例年にもまして神経質なのが、最低地上高。この管理は紫電最大の武器である高い旋回スピード得る為に不可欠。
09r3-050.jpg
ハンディウェイトはポイント×2(kg)となり微妙な端数が登場。




予選  晴れ

 トップスピードに劣る紫電、ロングストレートを含む前半であっさりとリードされ、後半のテクニカルセクションでは追いつくのが精一杯。
 ストレートの遅れ分をブレーキングで稼ぎ、前半で後続を抑え切り、後半でリードを築く。とするにはスタートでなるべく前にいる。理想は勿論ポールポジションだが・・・。
 その為にはスターティンググリッド重要だ。
 予選は鈴鹿と同様、まずヨッスィーが基準タイムをクリアし、加藤選手がSL用のセットアップ確認と、SL進出の為のアタックを行う。
 ヨッスィーは2周計測で1′46″298と充分なタイムをマーク、すぐに加藤選手に交代。まずSL用=決勝スタートタイヤの皮むきを行う。
 更にタイヤを交換し、本格アタックに入る。・・・はずだったが、「パワーステがおかしい。」と無線が入り緊急ピットイン。
 どうやらパワーステが効かなくなった様だ。
 メカが点検するが、電気系のリセット等で直るレベルでは無く、パワーステモーターの交換が必要。
 だが交換するだけの時間は無い。

09r3-051.jpg
午後予選、鈴鹿同様まずヨッスィーが混走セッションで基準タイムをクリア後、加藤選手へ・・。
09r3-055.jpg
そのヨッスィー、計測2周目で46秒台をマークしすぐピットへ戻る。
09r3-057.jpg
その後、SL用(決勝スタート用となる)タイヤの皮むき、そして更にNEWタイヤでアタックの予定だったが・・・。

09r3-058.jpg
パワーステが効かなくなりピットに戻る。
09r3-062.jpg
エラーコードをチェック。どうやらモーター本体。この予選中には修復不可と診断。
09r3-061.jpg
その間、コックピット内で、他車のタイムを見る加藤選手。結局アタックではなく、基準タイムのみクリアする為にコースへ出る。




 さあどうする。
 加藤選手はアタックどころか、タイム計測すらできていない。
 このままでは予選落ちである。(実際にはシード権があるので決勝レースに出られない訳ではないが・・・。)
 勿論ステアリングが動かなくなる訳ではないが、エンジニアのシンタローから「危険ですから無理ならすぐ戻ってきてください。」と念を押され、加藤選手は再びコースへ出る。
 だが今のGTマシン、パワーステアリングが無くてはとてもドライブ(少なくともレースアベレージでは・・)できるものではない。
 1周ユックリと様子を見て、“アタック”?に入る。
 第1セクターこそヨッスィーのタイムを上回るが、素早い切り返しのある、ダンロップコーナーを始めとする後半のテクニカルセッションで遅れ、47″180!基準タイムには充分だが、SLボーダーの45秒前半にはとても届かない。
 これ以上は、リスクが増すだけで、得るものは全く無いので、そのままピットイン。
 加藤選手曰く「ハンドルを戻すのも力が要るので、ダンロップ(コーナー)の切り替えし、おっつかなくてブレーキ踏んじゃったよ!」
 2号車のベストタイムはヨッスィーの46″298となり、これも悪いタイムでは無かったが・・・300占有時間になると各車
タイムUP。
 終わってみれば21台中18番手!紫電にとって、過去最悪のグリッド位置である。
 昨年5月の富士で17番手があるが、これはウェットとドライの路面の変化に、うまくタイミングが合わず、アタックチャンスを逃した為で、多くの有力チームが下位に沈んだ。
 前回鈴鹿の様に、それなりのグリッドを得たがピットスタートになった事や、全力アタックをしたが、SL進出を逃した事はあるが、トラブルにより予選でパフォーマンスを発揮できなかったのは初めてである。
 鈴鹿でのスターターモーターのトラブルや今回のパワーステといい、これまでトラブルが出たとしてもフリー走行等良いタイミングで出て、予選やSL、決勝レースに大きな影響を及ぼさなかったが、今年は全く逆。「なんでここで!」というタイミングで発生。
 とにかく決まってしまったものはしようが無い。鈴鹿同様、追い上げを“楽しむ”しかない。
 「ピットスタートよりましか~。」と慰めとも、諦めとも取れない愚痴が出る。

 せめともの救いは、今回義務着けられた2回のピットインと、400km(300クラスは多分7~8%程少ない・・)と言うロングラン。
 好燃費を活かし、スタート時の搭載燃料をうまく調整し、ペースを上げ、最短ピットストップで差を詰め、逆転を狙うと言う青写真はできている。
 久々にSL進出ならず、早めのメンテナンスが開始された。


09r3-063.jpg
結局SLが始まる直前の、午後3時頃にはメンテナンスの為この状態。
09r3-066.jpg
パワーステモーターを交換するにはウインドー、インパネを外す。
09r3-067.jpg
ギアの当りをチェックをする松下チーフメカ。2戦連続のマシントラブルで、心中穏やかではない。症状の出ない電気系の予防策は新品交換が定石。だがそれは予算との相談。4年目の紫電、各所に見えざる落とし穴が出始めたのか・・・。

09r3-071.jpg
昼間のピットウォークより、なんだか夕方のキッズウォークの方が混雑してる。
09r3-072.jpg
そんな中、加藤選手とヨッスィーがサインと撮影のファンサービス。
09r3-080.jpg
決勝前日の最後は給油シミュレーション。練習ではなく実際の給油時間を計る。タンクとマシンの距離、勾配等で微妙に異なるので重要なデーターとなる。





決勝  晴れ

 夜中から、場内の駐車場への誘導が始まった為、朝の“通勤”はスムーズ。
 50000人以上と、相変わらず、この時期の富士は大盛況。
 朝のフリー走行、パワーステも完治したはずだが、勿論修理後の実走はこれが最初。
 まずは加藤選手が走る。
 昨日のうっぷん晴らすかの快走。燃料もレース仕様で多目のはずなのに、44″314!
 このフリー走行トップタイムである。
 このタイムで予選一回目なら、3番手で楽々SL進出である。
 代わってヨッスィーも46秒台と充分走りを見せる。
 トラブルさえ無ければ、もっと楽なレース展開を望めたのだが、観客の方々には、追い上げが楽しみとなりそうだ。
 
 雲は多いが、本日も雨の心配は全く無い、素晴らしい五月晴れ。

09r3-082.jpg
決勝日朝、今日も爽やかな一日が期待できそう。
09r3-084.jpg
フリー走行前、交代時の手順を話し合う、両ドライバー。
09r3-085.jpg
レースタイムに近いフリー走行は、レースの組み立てに重要なデーターとなる。

09r3-086.jpg
ピットストップ、ドライバー交代は2回義務。フリー走行での練習。 photo/Kazuhisa Masuda 
09r3-090.jpg
ちびっ子ファンから送られた応援メッセージ。
09r3-091.jpg
加藤選手は昨年のお子様誕生から、より一層子供ファンへのサービス精神が旺盛になった。




 グリッドに向けてピットを離れる加藤選手。
 2回のピットイン。加藤選手がスタートとゴールの2スティントを担当。
 短い給油時間でピットストップを短縮し、2スティント目は軽くしてヨッスィーが繋ぐ・・・予定。

 定刻通り午後2時のフォーメーションラップの後スタート。
 ヘアピンで500クラスのトップグループで接触の波乱があったものの、300クラスは無事にオープニングラップを終える。
 1周目は“大人しく”グリッド通り18位で帰ってきた加藤選手だが、2周目、いきなり15位へ!
 タイムもトップグループと変わらぬ45秒台。
 3周目15位、4周目14位。
 レースは1、2位の81、43号車が3位19号車に4秒のリード。
 以下7位までの5台は、8秒以内でほぼ等間隔。
 その7位5号車から14位2号車の加藤選手までは3秒以内に8台がひしめく集団。
 ポイント圏内に入るのにそれほど時間はかからないだろう。
 ところが5周目、突然モニターに映し出された紫電!
 ダンロップコーナーの立ち上がり、他のマシンに抜かれつつ、スロー走行からフル加速状態。
 何かが起こって止まっていたのか?
 加藤選手「クソッ誰か押したよ!!」
 右側が映ったマシン、確かにウイング翼端板が無くなり、後ろ右角が破損している。
 ピットインせず、ストレート通過。
 メカが目視で確認。モニターで見た通り。更にテールランプがぶら下がってる状態。
 順位は20位にドロップ。
 シンタロー「クルマ走れそうですか?」
 加藤選手「走れる!走れる!」
 それを裏付ける様に、この6周目45″595と、加藤選手ベストタイムをマーク。
 “ふりだし”以下の順位になって、やり直しである。
 トップとは30秒近い差が着いてしまった。
 その後追突したのは111号車と判り、彼らにはドライビングスルーペナルティが課せられたが、これが被害者側の救済になる訳ではない。
 しかしモチベーションを無くす事無く追い上げる加藤選手。
 8周目17位。9周目15位。10周目14位。12周目13位。
 トップグループは46秒台に落ち着き、スタートから変わらず1、2位は0、2秒間隔で81、43号車コンビ、7号車に代わった3位に8秒差を着け“別次元”のレースを展開中。
 そのグループと変わらない、いや少し早いペースで追い上げる加藤選手は、その後もペースを落とさず追撃。
 46秒後半から47秒台のマシン群の中、45後半から46秒前半で回遊する。
 皮肉にも、追突されスピンで遅れた間に、密集していた中段グループ大きく伸びた為、集団の中にいるより加藤選手は自分のペースを保ち易いようだ。
 16周目には10位と、ついにポイント圏内にマシンを進めた。
 ここまでのポジションアップは凄いが、デッドヒート中の首位2台43・81号車とは36秒差、これは遥かかなた。
 そこから8秒離れた3位7号車、以下、19・26・30・46・74・31号車、そして2号車加藤選手。
 4番グリッドから5位を走行していた、お隣ピットの11号車がエンジントラブルでピットイン。
 上位グループの1台が脱落するなど、レースはまだ20%を消化したばかり、2回のピットワークも含め、まだ我々は諦める位置ではない。 
 っが、ここから先は簡単に順位を上げられない。
 と同時に一回目のルーティンピットが始まり、見かけの順位は上がって行く。
 21周目には9位。23周目8位、25周目7位そしてそのままの順位で予定通りの28周目、2スティント目担当のヨッスィーが待つピットへ。
 しかしここまで這い上がって来た我々を、再度奈落に突き落とす出来事が・・・!
 順当にピット作業を終えたマシンが再スタートしようとした時、ピットオフィシャルから“待った”が掛かる。
 序盤の追突で破損した箇所の修復が命じられたのだ。
 確かに破損したテールランプ等、走行中に脱落の恐れが無い訳ではない。
 微妙な状態でオレンジボール(マシンに破損やトラブルがあり、二次アクシデントの恐れがある場合に強制ピットインを命じる旗。黒地にオレンジの丸の旗)が出されなかったのは、被害車側への温情か?
 とにかくテールランプをガムテープで補強し、めくれ上がっていた、リヤエンドガーニー(テールランプ上部のアルミプレート)を、力任せに引き剥がす。
 
09r3-096.jpg
スターティンググリッドに向かう紫電。今回はチャンとピットを後にする事ができた。
09r3-100.jpg
グリッド上、エンジニアのシンタローを囲む両選手。
09r3-102.jpg
後方グリッドとは言え、レースのキーとなる(はず)2号車。こんな後までやってきたリポーターに応えるヨッスィー。

09r3-103.jpg
後は3台だけ。あとはマーシャルカー。
09r3-105.jpg
スタート前、握手をする両選手。加藤選手がスタートとゴールを担当。
09r3-107.jpg
スタート直後。後の方だが、ピットスタートに比べればまし(笑)。 photo/Kazuhisa Masuda 


09r3-108.jpg
レース序盤に追突され右後部が破損。
09r3-110.jpg
割れたカウルと、ぶら下がったテールランプはガムテープ補修。めくれ上がったガーニーは引き剥がすし、翼端板はそのまま。
09r3-111.jpg
オフィシャルの確認を受けつつ補修。約1分を要したがレースを決定着けた。




 この修復に約1分を費やし、やっとヨッスィーを送り出す。
 しかしこの1分は、今日のレースを決定付ける事となった。
 18番グリッドからのスタート。+ 追突、スピンでのポジションダウン。+ 1分もの予定外のピットストップ。
 これだけのマイナス要素が重なって上位に食い込める程甘いレースではない。
 ピットアウト後の順位は16位。またやり直しである。
 リヤガーニーの破損と、翼端板の脱落で、リヤ周りの特性が変わったのか?高速コーナーでのオーバーステアが気になるのでスタビを調整して対応、ペースを上げるヨッスィー、いまだ元気モリモリである。
 50秒台で走行する前方集団に対し45~46秒台で飛ばすヨッスィー。
 程なく順位は上がり、31周目14位、33周目には加藤選手を上回る45″503のベストタイムをマーク。
 35周目13位、39周目12位、46周目11位。
 この間、ずっと45~46秒台のヨッスィー。
 このタイムは44~45秒台のトップ43号車にはかなわないが、他のトップグループとは全く遜色が無い・・・では追いつかない。
 と言ってもこれ以上のペースUPは、3スティント目のタイヤ無交換作戦に響く。

 レースは2回目のピットインも始まり、再び見かけの順位が変わり始め、それが9位となった56周目、再び加藤選手に交代。
 残りは恐らく26周。それに見合うやや大目の給油。そして予定通りタイヤ交換はしない。
 タイヤ無交換は、ピットストップ時間もさることながら、アウトラップも短縮できる。
 11位で復帰した加藤選手は、その後淡々と46秒台を刻むが、順位を上げるのは62周目と、66周目にひとつづつ上げるが精一杯。
 その後、約30秒前を行く74号車と差が伸び縮みするものの、脅かすには至らず、このポイント圏内の順位を守るに留まり、トップから2周遅れの80周、「労多くして功少なし」のレースは9位でチェッカーを受ける。

09r3-114.jpg
2回目のピットイン前、準備を整えた加藤選手。
09r3-115.jpg
タイヤ交換はしない為、ジャッキアップなし。これが目的ではないが、給油スピードも上がる。
09r3-117.jpg
給油後、ホースから燃料漏れがあり清掃中。大事には至らず。

09r3-118.jpg
タイヤ交換無しの最終スティントも快調に飛ばす加藤選手。 photo/Kazuhisa Masuda 
09r3-119.jpg
しかしレース終盤は順位もほぼ固定。前走車とのペースも、差も変わらず。 photo/Kazuhisa Masuda 
09r3-123.jpg
2周遅れでチェッカー。両ドライバー、メカスタッフは勿論、作戦そのものにもミスが無かっただけに悔しいレース結果となった。

09r3-126.jpg
レース後のマシン。今年、軽量化の為に無くした補強部材があったらここまでならなかった・・かも?
09r3-125.jpg
コースウォークは初めて?のイベント。レース終了後行われた。

DATE:2009/05/14